www.themobileconference.com

妊娠高血圧症候群のリスクとは

30才で初めての妊娠でしたが、正直スムーズな妊娠出産ではありませんでした。もしかして出産向きの体質ではなかったのかも知れません。妊娠初期はひどいつわりで1ヶ月以上の入院生活、後期には妊娠高血圧症候群で2ヶ月以上の安静入院の末、緊急帝王切開で無事出産できました。妊活をサポートする排卵検査薬検索してみよう!

 

この妊娠高血圧症候群とは妊娠によりタンパク尿が出て、血圧が140以上になるなど赤ちゃんにも影響を及ぼすのです。リスク的にはもとから血圧が高い人、または家系、高齢出産などの人です。軽ければ自宅で安静に塩分を抑えた食事をとることで管理できます。ひどい症状は数ヶ月の入院治療が必要になるのです。ママを応援!排卵検査薬お試しください。
タンパク質が尿に流れるため赤ちゃんにタンパク質の栄養がいきわたりません。そうなると赤ちゃんの体は大きくならないのです。そんな理由から早くお腹から出してあげる帝王切開が提案されます。私の場合、36週で早産だったため赤ちゃんは未熟児で保育器に数日入りました。その後は心配しなくても大きく育っています。妊活中の方は妊娠検査薬こちらまで!